<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
体をつくる
a0185776_11402871.jpg



毎日の食べ物が体を作る。
別に毎日手の込んだものを作らなくてもいい。
でも忘れないでいたいのは
食べたもので体がつくられるということ。
それ忘れなければ大丈夫。

私は貧血気味ですが、最近 気味 とれてしまいました。

食べ物の事知ってるのにさっきのことと自分の体質、忘れかけていたんだと改めて気付きました。
あっという間に過ぎる日々。
けれどこれからは、自分なりに気をつけて
でもおいしいごはん、作っていこうと思います。

細かく計算なんてしないけど、心がけることがとても大切。
みんなで外ごはんも大好きなのでもちろんこれからも。
さっそく今夜は西荻窪でおいしいごはんとすてきな音楽を楽しんできます。


なにかと時間のない朝。
自分の好きな物とか、バランスも考えてつくった自家製グラノーラが味方してくれるはず。

今回はオートミールとごまをたくさん。
くるみとレーズンも忘れずに。

a0185776_11544451.jpg


自家製グラノーラと豆乳
清見オレンジとヨーグルト
ホットココア

特にダイエットメニューではなくて
好きなものを一日、一週間とおしてバランス良く食べるのが気持ちいい。
気にしてたっておいしく食べるのがモットーです。

家ココアは自分で甘さが調節できるのでほっとします。
カリカリグラノーラ、たまにレーズンの甘酸っぱさ。おいしいですね。
[PR]
by rinatashiro | 2012-03-30 12:10 | 朝ごはん
元気の源
a0185776_22355112.jpg



沖縄の友達から珈琲豆をいただいた。
サンスイ珈琲さん。
とても香ばしく、まろやか。
おいしいです。

贈ってくれた友達も届けてくれた友達にも
ありがとう。
友達とつながってる元気の源の朝ごはん。



今日の朝ごはん

器 山田 義力さん


珈琲
ごまベーグル
 クリームチーズと葉セロリ、ピーナッツバター
セロリと金柑のサラダ
ネーブルオレンジヨーグルト



ちなみに布は自分で藍染めした布なのです。
また体験してみたいな。

やっぱり藍色がすきです。
[PR]
by rinatashiro | 2012-03-21 07:30 | 朝ごはん
ガラス
a0185776_22475227.jpg



苺 イチゴ
いちごのシェイク

最近とても果物を欲しています。



ガラスってすごい。
透明で中がみえるのに
ちゃんと支えてる。

なんだかそれぞれの素材に感謝したくなりました。
それは今日の日に、
えみおわすさんの服を見て 触って 着て、
お昼は春の野菜の料理をたんといただいたことも関係しているのかもしれません。

boilさんにて購入した手吹きガラス。
通年使っておりますが
今年の春夏も活躍してくれそうです。
[PR]
by rinatashiro | 2012-03-19 23:02 | ノート
一日
今日はどんな日になるだろうと迎えた3月11日。
一年前と同じようにお店で仕事をしていました。
日曜日ということもあって、たくさんのお客様がみえました。

お昼から夜まで沢山の人が来てくれて
みなさんの表情がどこか穏やかで大切に過ごしているように感じ
こちらまで穏やかな気持ちになりました。


大切な人と過ごす。
とても温かい出来事。


未来を描いて
どうしていたいのか
しっかりとゆったりと考えてみる。

一日を大切に
一日に感謝して。
[PR]
by rinatashiro | 2012-03-12 23:29 | ノート
林檎
a0185776_22485878.jpg


りんごがおいしい季節は過ぎていく。
りんごってなんておいしいんだろ。
また次のシーズンを楽しみに。

次の冬、林檎使ったおいしいお菓子を
沢山作って、みんなで分かち合い食べたい。
大切な人たちと一緒に温かい気持ちで、穏やかに、大切に。


林檎から柑橘、苺の季節へ。
[PR]
by rinatashiro | 2012-03-12 23:00 | ノート
パン
a0185776_14552460.jpg


昨日おすそ分けして頂いたパンで朝ごはん。
サラダも作ってくれていたものをいただき、幸せごはんです。
PARADISE ALLEYさんのぱんを初めていただきました。
見た目だけじゃなくて、味もわくわくするというか。
とてもおいしかったです。


パン、それはアート。


a0185776_14583544.jpg

[PR]
by rinatashiro | 2012-03-07 15:03 | 朝ごはん
小鹿田焼
a0185776_22232571.jpg


大分県日田市からの便り。小鹿田焼は江戸時代中期から開窯されたといわれています。
300年以上もの歴史がある。
飛び鉋。
その美しい模様からは力強い印象をも受け、人の目を惹きつける力があるように感じます。

小鹿田焼には10件の窯元があります。
こちらは小袋窯さんのもの。
よくお世話になっている雑貨店さんよりいただきました。
店主さんより窯元さんのお話をよく聴かせていただいています。

そのお話から、小鹿田焼が作られるその土地を神聖な場所のように感じているのです。
日田市皿山。登り窯。
いつか自分で足を運んでみたい。
[PR]
by rinatashiro | 2012-03-04 22:21 | ノート