カテゴリ:ノート( 105 )
モロッコノート
a0185776_23193302.jpg







砂漠
何もないのだけど、ちゃんと地に足のついた
ものだけがある。
大地と太陽と風と月と動物とともに生きている。
フンコロガシにも会った。
風が吹けば砂の山の形や歩いてきた道は変わってしまう。
それでも砂漠の民はちゃんと目指すべきところ揺るぎない。
昼間は太陽の位置で?夜は無数の星からなる星座から?
砂は外の気温に任せて、あっつくなり
夜は嘘みたいに寒くなって砂は水のようにサラサラと冷たかった。
砂が水のようだったというのを砂漠から友達に手紙を描いた時に書いていて
その今 感じたこと がかけがえのないものだったのだと思います。
それは同じように 今東京で 街で 家で 感じていることも同じですね。








a0185776_23194953.jpg






a0185776_23192359.jpg






砂漠の暮らし。手造りの釜。
作ってもらったトマトや玉ねぎピーマンニシンの缶詰のサラダ、野菜のピリリと辛いクスクス。
お父さんが入れてくれたミントティ。おいしかった。





a0185776_23195974.jpg





[PR]
by rinatashiro | 2017-03-14 19:00 | ノート
モロッコノート
a0185776_21412136.jpg

カサブランカin ドーハ経由でモロッコ入りをし、飛行機の窓から見えた乾いた大地。
北アフリカ。





a0185776_21413922.jpg
目にするもの全てが私にとって新しくて、刺激的。
見たいものの一つにそこに根ざしている植物がある。
モロッコへ行き、乾燥肌がもっと乾燥して大変だったのですが
乾いた大地で生きる木々や花の、淡々と
しかとある潜在能力というのか凛々しさをとても感じた。

何気なくある街の色、壁の歴史も見ていてハッとさせられるものだった。
ブーゲンビリアをよく見かけたのだけど、私の好きな木になった。





a0185776_21415097.jpg
マラケシュで過ごした後、砂漠へ。その道中。
ここはモロッコなんだと、気持ちが追いつくようにバスから見える
風景をもしかしたら必死だったかもしれない。目に焼き付けた。








[PR]
by rinatashiro | 2017-02-25 22:13 | ノート
モロッコノート
a0185776_18494431.jpg






昨年の10月後半から出かけたモロッコ旅行。
実現して嬉しいものでした。
現地には夫のお知り合いの方も何人か暮らしていて、とてもよくしてもらい
なかなかできない体験もできました。
私はアジアへの海外旅行のみの経験だったので、北アフリカに行くということだけでも
とてもドキドキするものでした。
ですが夫は3度目のモロッコでとても安心できました。
モロッコの町並みをグランタクシーの車窓から見た景色は今も思い出すと
ワクワクとどきどきが入り混じる刺激的な景色です。

そんなモロッコのことも気まぐれに書き留められたらと思っています。






[PR]
by rinatashiro | 2017-02-19 09:00 | ノート
2017
2017
と言ってももう2月も半ば。半年ぶりの更新です。
昨年の更新の最後のオトノハ朝市からの活動はinstagromの方にて
お知らせさせていただいていました。
こうしてブログを開いて、拙い文章ですが打ち込んでいると
ブログっていいなと早々に思い直しながら書いています。

その後の活動といえば、お店スタッフさんのお弁当、
国立ワイワイ祭り、国立circus3周年イベント出店、立川ルミネでのお菓子出店
杉並海の家にて台湾食堂の出店参加、そして今年もシュトーレンをcircusさんと
谷保のラマパコスさんにて置いていただき販売させいただきました。

年末には去年の秋にモロッコへ行ったこともきっかけで1日限りのイベントに声をかけて
いただき夫の写真の展示とモロッコ食堂を開催しました。
写真はラマパコスさんで置いていただいたシュトーレン。
白い植物はモロッコで拾ったブーゲンビリアの押花(葉)です。
他にもピンクやオレンジ、色鮮やかなブーゲンビリアがとても綺麗でした。

昨年もたくさんの方のお力添え、お声かけいただいたおかげで活動ができました。
関わってくださった皆様、ありがとうございました!
この場をお借りしてお礼申しげます。

年始にはギャラリーみずのそらさんにて年賀状展に合わせ、鶏の山椒唐揚げやかぶら千枚漬け、甘酒などをご用意して、日本酒セレクトのはなれさんとオープニングパーティを担当させていただきました。お越し下さったみなさま、ありがとうございました!
とても豪華で素敵な展示で、終わった後に見せていただいた時間もとても楽しかったです。
もうすでに少し前の話のようですね。

次に出店させていただくのは4月の稲荷山公園にて行われるみどりのクラフトです。
今年もありがたいことに参加させていただきます。
今年は今までのことを見直したり、大切だと思っていることにより関心を持ち行う
そんな年にしようと思います。

久々のブログを読んでくださりありがとうございました。
またゆるりとな更新になるかもしれませんがお付き合いいただけたら嬉しいです。
今年もよろしくお願いいたします!





a0185776_17145869.jpg






[PR]
by rinatashiro | 2017-02-18 18:10 | ノート
台湾ノート


台湾に短い期間だけと行ってきた。
前回は一人で行ったけど今回は三人旅。
いろいろ食べて歩いて、
今回も沢山台湾の人の優しさに触れながらの旅となりました。
もうまた行きたい。
雨がよく降って初日以外寒かったのに不思議とあたたかな記憶。
今度は火鍋も食べてみたいし、野菜も調理して食べてみたい。
台南や台東へも行こうと決めた。


a0185776_16291352.jpg

台湾と言えば朝ごはん。
豆漿と油條と蛋餅と。多幸感。





a0185776_16285468.jpeg

別の日、朝ごはんのお店が三つ並んでいて全部はしごもした。
春雨スープ。雨ながら朝の光がとてもきれい。
どこも 湯 スープが澄んで美味しくて塩気がちょうどよく嬉しい。
お粥屋さんで食べた湯葉のおかず。すごく好みの味で美味しかった。





a0185776_16283247.jpg
はしご三軒目の行きたかったお店 台南料理を頂けるお店でビーフンと魚のスープを。
こちらのご夫婦のコンビネーションがとてもかわいくてほほえましくて朝からほくほく嬉しい気持ちになった。
料理もそうだれど台湾の人の温かさ。これがまたおいしさのスパイスになってる。
ビーフンにかかったお肉を炊いた甘辛いのはごはんにかけても、これ好みのルーローハンになると思う。





a0185776_16284414.jpg
一日目に行った近くの小龍包屋さんで小龍包や酸辣湯や小菜を。
小龍包美味しすぎ。生姜がまたワイルドでおいしいなー。
酸辣湯も澄んだスープであっさりとして辛さはないけどとてもおいしい。
行ったほとんどのお店での塩梅がちょうどよくってすごいことだと思った。
なんでこんなに澄んでこくのある優しいスープができるんだろう。
2月に作る機会をいただいた酸辣湯。なんだかもっとシンプルですっと肩の力が抜けるような
日常のスープだった。現地の味を食べられる事の喜び。
もっと近くでみてみたい、感じたい。





a0185776_16290434.jpg
小慢という一軒家のお茶屋さんでお茶を頂く時間。以前も訪れたけどその時はお茶の時間は過ぎていたので
お茶を頂いたのは初めて。東京の而今禾さんで台湾茶教室があった時も人気で行けなかったからとても嬉しい。
洗練されていて静かな美しい雰囲気。





a0185776_16293035.jpg

黒米おにぎりや花生豆花も記憶に残る美味しさの食べ物。
鶏肉の花椒炒めや台湾グリンピースのスープや他にも市場で果物買ってホテルで食べたり、足つぼ行ったり
包子やタピオカミルクティー、、、etc

なんとも美味しい楽しい旅でした。
台湾の皆さんありがとう。多謝。また行ける日を楽しみに。














[PR]
by rinatashiro | 2016-03-23 17:43 | ノート
2016年のはじまり

a0185776_23304673.jpg

2月2日。
こちら遅ればせながらのご挨拶です。
昨年もお世話になりました皆様、このような気まぐれなブログを読んで下さっている皆様
ありがとうございました。
相変わらず気まぐれなブログとなりますが
本年もどうぞよろしくお願い致します。






[PR]
by rinatashiro | 2016-02-02 23:44 | ノート
ありがとうございました。
a0185776_20554734.jpg
春の穏やかな気候。
新緑の気持ち良い季節です。

わたしにとって濃厚な一週間のこと振り返ります。
1日、今野英明さんのライブでの出店ではサンドこしらえながら私も音楽の時間を味わせていただきました。それはとても贅沢な時間。
お召し上がりいただいた皆様、ありがとうございました。
今まで耳に聴いていた方のライブという事もあって勝手に感慨深くとても嬉しいひとときでした。
みなさんゆったりゆらゆらと音楽を楽しんでいる雰囲気が感じられて、
そんな中、サンドもお召し上がり頂いたりビールのおともにしていただいたのも嬉しかったです。
ギンイロヒコーキベーカリーさんのパン、本当に美味しく、今回使わせていただいたこともものすごく嬉しいことでした。
ぜひお次はお店の焼きたても召し上がっていただきたいと、激しくおすすめしたいです。
これからも好きな音、味にたくさん触れて五感を研ぎ澄ましていきたい。
改めて心よりのお礼を。
お客様、今野さんと皆様、そしてギンイロヒコーキベーカリーさん本当にありがとうございました!


3〜6日開催された恩田義則さん写真展では
3,4日喫茶出店させていただきました。
お召し上がりいただいた皆様、ありがとうございました。
いちごとマスカルポーネのサンデー、バナナバニラのアイスクリームサンデーをメインにご用意させて頂きました。
大人の方もにこっとして食べてくれて、またこどもさんがアイスカップを手元にもって夢中で食べてくれている姿を
目にして、すごく嬉しかったです。
5,6の喫茶はcircusテルヨさん。わたしもお客さんとしてcircus喫茶も楽しみました。
テルヨ氏のケーキとても美味しかった。本当に気持ちもまっすぐきれいで素敵な友人です。

どこか遠く憧れだった写真のそばで出店させていただき、たいへん緊張しながらも熱く記憶に残るひとときとなりました。
こども達のきらきらとした瞳やわくわくしている胸の高鳴りまで聞こえてきそうな写真たち。
何度も観たくなりつい皆勤!room103の心地の良い空間と相まって清々しい感覚と元気を沢山もらいました。
こどもってなんて素直でかわいいんだろ。
みんな、自分もそんな時があったのか。でもその素直さって今でも、大人だからこそ必要なのかもしれない。
硬くなってるわたしの頭にまさに必要なことだと思った。

そしてご本人にお会いして感じたのは、わくわくと元気一杯な雰囲気や写真から感じるチャーミングさは
恩田義則さんそのものということ。そして恩田さんの奥様そのものでした。
楽しい、魂の通った言葉とエネルギーと清らかな空気。
何度もなんてこんなに楽しく心地よいのだろうと思わずにはいられなかった。
もっと話を聴きたい、影響を受けたいという気持ちでいっぱいでした。

また今回1日からお世話になっているLET' EM INの原さんご夫妻の清々しく豊に受け止めてくれる空気感、
揺るぎない信念に、背筋が伸びる想いでかなり刺激を受けました。
声をかけて頂いたのは おいでよ!といわれたみたいな感覚で、でも決して軽い訳じゃなくて任せてくれるような重量感もありました。
反省点また背中に背負うのだけれど、一つ一つ荷物をクリアにしていかないといけないし、またそれを自分の為だと思わず
人の為にもそしてもっと人に楽しんでもらうためにも、何といっても楽しみながらがんばろうと、お二人に会って改めて思いました。

今、また尊敬すべき人たちに出会えたこと、かけがえのない宝物の時間に感謝を。
そして今回身をもって感じた先輩方の 全力で楽しい!という感覚を胸に抱いてゆきます。
(※敬意を持って先輩方と表現させていただきます)

お客様、原さんご夫妻、そして恩田さんご夫妻、circusテルヨさん、家族、
関わってくださった皆様に改めてのお礼を。
心よりありがとうございました!


長文失礼しました。
ありがとうございました。













[PR]
by rinatashiro | 2015-05-07 15:58 | ノート
みどりのクラフト ハナハッカの庭食堂+atelier食堂
a0185776_23544851.jpg

遅ればせながらのご挨拶を。
みどりのクラフト
作家さんの丁寧な手仕事がみえる
朗らかな空間がここにありました。
会場の稲荷山公園は桜がまだいくつか綺麗な色を残して、
もちろん散った花びらの絨毯もあり、
芝生広がる心地の良い場所でした。
雨にもかかわらず沢山のお客様で賑わい、
わたしたちのお弁当も早い時間に売り切れとなりました!
嬉しさと驚きと。
また、来ていただいたのにご用意終了のため
お渡しできなかった皆様に申し訳なくも思いました。
足を運んで下さった皆様誠にありがとうございました。

今回ハナハッカの庭食堂+atelier食堂として2人一緒に
春のピクニック弁当を作りました。
半分ずつ程おかずやごはんを担当して、
お肉とお魚2種類のお弁当のご用意。
美味しかったと声をかけてくださるのがまた嬉しく
夜なべした疲労感も飛んで行くようでした。

a0185776_00025269.jpg



写真は紅茶煮豚のお肉のお弁当です。
おしながき。

・紅茶煮豚
 煮玉子
 ターツァイ菜の花の胡麻辛子和え
 新たまねぎのコロッケ 香草とカシューナッツソース
 空豆の蜜煮
 人参の柑橘マリネ
 桜葉と大葉の炊き込みご飯
 うどと大根のお漬けもの

・ブリのよもぎ味噌焼き
 高野豆腐 筍 わかめの含め煮
 小松菜の花の新にんにくペペロンチーノ
 新たまねぎのコロッケ 香草とカシューナッツソース
 空豆の蜜煮
 人参の柑橘マリネ
 桜葉と大葉の炊き込みご飯
 うどと大根のお漬けもの


洗って山になった菜の花やまるくしたコロッケのタネに何度かくらっと。
それでも色よく茹でたり、香ばしく魚を焼いたりと料理が仕上がっていくのはとても楽しかった。
仕込み中写真、いくつか撮りそびれた。
ハナハッカの庭食堂は春野菜の粕汁とグラノーラも
ご用意して温まる粕汁も大人気でした。美味でした!
私もゴリーバというモロッコ焼菓子も販売させていただき、
有り難い事にすべてお買い求めいただきました。
このゴリーバというお菓子は前回の実りの食堂でも作り、
密かに作り続けているお菓子なのでまた作りたいと思っています。
お隣のアグネスパーラーのあやのさんのドリンクもいつも魅力的で
美味しくって、私も並んでいただきました。美味しい特別なもみものなのです。
右隣のギンイロヒコーキベーカリーさんのパンやお菓子は買えず、、、
またの日を楽しみにします!

昼時、晴れ間もありほんとによかった。
シートをひいてピクニックしたり、
芝生で遊んだりしていう風景をみてこちらまで幸せな気持ちに。

開催をきめた実行委員の皆様がいて、お誘いしてくれて2人でお弁当を考え作ったり、
テントを友人に貸してもらったり、それぞれのパートナーも手伝ってくれたり、
お客様や友達がきてくれたり
なんて人って温かいんだと、そして人の手で作るものがやっぱりすきだと
改めて思う一日でした。
実行委員のみなさまの熱い想いはきっとお客さまにも届いているんだろうな。

誘ってくれたポンさんは今月吉祥寺にお店をオープンします。
名前は アルマカン
詳細はこれから発表となりますので私も楽しみにしていたいと思います!

最後に改めての御礼を
お越し下さった皆様、気にかけてくださった皆様
関わって下さった皆様
ありがとうございました!









[PR]
by rinatashiro | 2015-04-15 00:57 | ノート
実りの食堂 三月 春
a0185776_00231973.jpg



実りの食堂にお越し下さった皆様、気にかけて下さった皆様
ありがとうございました。
ブログの更新遅くなってしまいました。
改めまして当日の事少しふりかえります。

今回の献立

土鍋で炊いたごはん
ふきと揚げのお味噌汁
香草とナッツのサラダ
豆豉煮豚
山独活の香味きんぴら
菜の花と小松菜花のごま和え
石川かぶの酢漬けときんかん
丹波黒豆・空豆
明日葉海苔和え
ふのり梅和え
行者にんにく焼き浸し
蕗の薹味噌
美山のブレンド茶

春の野菜や山菜をちりばめたプレートをお作りしました。

ごはんは調布にあります白井米店さんの精米したてのお米を。
いろいろと種類のある中で東京のお米屋さんが集って考え作られた美味しいブレンド米というお米を選びました。
珈琲をブレンドするように、お米もブレンドする事によってできる美味しさということを追求して作られ、
今年一番に選ばれたお米というのも面白く、美味しかったのでつかわせていただきました!

少しひんやりとした朝の日曜日。天気は晴れ。
沢山の友人や初めましてのお客様、お世話になっているお米やさんも、他にも様々なつながりの
方が来て下さりとても嬉しかったです。

混み合ったお時間にお待ちいただいたシーンも多々あり申し訳なかったです。
とともに気長にお待ち頂いて下さるお客様にいつもいつも感謝しております。
皆様のお陰でこの会が開催出来ていると改めて実感しております!

そしてラマパコスのりかさんにはお洒落なDM作成から当日まで本当に力をかしてくれ、
関田さんの作った作品であるなんとも心地の良い空間で、お料理をつくる事が出来たことが嬉しいし
感謝しても言葉ではしきれないくらいです。お二人のお子さんのこまねちゃんにも癒しと元気いただいたな。
ラマパコスのみんなに心よりの感謝を。

写真はラマパコスの風景。旦那さんが撮ってくれていた唯一の写真。笑 
でも雰囲気のあるよい一枚。いつも手伝ってくれていて感謝しています。
お店は基本土日のオープンで関田さんのスプンや作品、お二人が選ぶ作家の作品や古いものなどなかなか他では
みられないよいものがあります。国立にお越しの際は足を伸ばして立ち寄るコースおすすめですよ。
ラマパコスの近くにはcircleというギャラリーと本のお店もありそちらも古きよき建物にありおすすめです。
毎度の事ながら長くなってしまいました。
ご拝読ありがとうございました!

いまの季節の流れの中に頂く事が出来る野菜や山菜を選んで料理して
ごはんを食べに空間に足を運んで頂ける事が本当に楽しくて
嬉しい事だなとしみじみ感じます。

至らない点も多々あり精進するばかりですが
また食堂を開催出来る事を楽しみにしております。
ありがとうございました!













[PR]
by rinatashiro | 2015-03-29 10:47 | ノート
2015
a0185776_17380219.jpg

2015年

新しい年。
あらゆることにとらわれすぎず
穏やかに 確かに しなやかに

本年もどうぞよろしくお願いいたします。







[PR]
by rinatashiro | 2015-01-12 17:30 | ノート